逢瀬を約して焦がれるは
1/4
15/52

逢瀬を約して焦がれるは

幹夫は混乱していた。 中折帽の男が語った忠告はいったい何だったのか。 『死にたくなければ』というセリフは。 多分、軽い気持ちや脅し半分の意味では無かったと思う。多分、本当の意味で生命の危険があるという意味では無いだろうかと。 しかし、実際のところ今の彼女にそんな『怖い雰囲気』は全く感じられない。 戯けて笑う顔がとても可愛いただの女性だ。何か恐ろしい事をするとか、そんな感じは微塵とてない。 では、何か背後関係が怪しいとか?例えば何か反社会的組織とかの娘とか‥‥いや、だとするとマスターが何か言ってきてもおかしく無いと思う。 「気をつけた方がいいよ?」とか。だが、そんな風にも見えないし。 男の忠告を真に受けるなら、このまま彼女に遭う事を止めることになる。 つまり、チェインにチョコレートを飲みに行くのを金輪際止めることだ。 しかし『それ』だけが彼女との接点であるなら話は別かも知れないが、彼女とは大学が同じで、偶にではあるが顔を合わせる事があるのだ。 そうした折に「最近、来ないわね?」と聞かれでもしたら、返答に窮してしまう。まさか「ヘンな男に止めろと言われたので」とも言えないし。     
15/52

最初のコメントを投稿しよう!