8/10
103人が本棚に入れています
本棚に追加
/71ページ
 空港に着くと、タロウはサトウの姿を探した。  サトウは、空港ラウンジの隅の方で、背中をまるめて座っていた。  それを見て、タロウは心のどこかでほっとした。  今だけではない。一緒に行くんだと言われたあの時、恐怖と共に安堵も感じた。いや、もしかしたら、安堵の方が大きかったかもしれない。  サトウに甘えていたかった。結局自分は、まだ子どもなのだ。  近付いていくと、サトウはぼんやりと手元を見ていた。  手の中には、随分昔に撮ったのか、派手な髪色の頭を寄せ合ったサトウとユミの写真があった。  タロウは大きく咳払いをした。  サトウが写真を胸元にしまうのを見届けてから、彼に近付いて隣に座った。 「おう。ちゃんと来たな」 「……うん」 「あれは? 持ってきたか?」  紙袋を、サトウの足元に置いた。  紙袋が無駄に大きいことを訝しんだのか、サトウは眉をしかめて中を覗いた。そして、げっ、と顔を歪めて、すぐにタオルを元に戻した。 「なんだよ、この金」 「俺の全財産」 「お前な、世の中には銀行という便利な機関があって」 「行くの面倒くさい」 「めんど……お前なあ」 「でも」にやっと笑って、タロウは言った。「便利でしょ? 手元にあった方が。こういうとき」
/71ページ

最初のコメントを投稿しよう!