雲に手がとどいた男の子

エブリスタ、最初で最後の童話です。

大河 増駆(ぼちぼち活動再開)

3分 (1,707文字)
たいが ますく の童話です。

6 107

あらすじ

一人の少年の心の変化を描きました。

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る