第二話  赤目の男
1/10

第二話  赤目の男

放たれた矢は、狙った場所に寸分たがわず打ち込まれた。 だが、矢が届いたときには、その場所にイダテンの姿はなかった。 誤算といえば、目の前を何かがさえぎり、わずかに矢を放すのが遅れたことだろう。 一間ほど先の地面には、鼠の死骸が落ちており、上空には鷹の姿があった。 従者が崖下を覗いて、「殿」と声をかけてくる。 従者が指し示した先に、渓流を流れていくイダテンと鹿の姿があった。 二の矢を放とうとするが渦巻く川の流れは早く、あっという間に遠ざかった。 「くそっ!」 顔が紅潮していくのがわかる。 従者どもは、兼親の怒りに気づかず、口々に騒ぎたてた。 「なんという素早さじゃ、信じられぬ」 「鹿を担いであの動きか。まるで手妻ではないか」 「猿(ましら)のごとく樹上を飛び、疾風のように駆けるとは聞いておったが」 「さすがに、鬼の子じゃ」 「それよりも、あの髪じゃ。まさに赤鬼と呼ぶにふさわしい、燃えるような髪であったぞ」 「角が無いように見えたが?」 「あの髪の中に隠れておったのだろう。角のない鬼など聞いたこともない」 「ええい、うるさい! 黙れ、黙れ!」 兼親の怒りに従者どもはようやく口をつぐむ。