珍しいペットを飼うことになりました。

1/5
426人が本棚に入れています
本棚に追加
/131ページ

珍しいペットを飼うことになりました。

「おはようございます。いい天気ですね。」 今日はアルとお出かけの日。 約束した日から4日目です。 この日のためにお仕事も頑張りました! 何故かマリーとサリーも張り切ってお手伝いしてくれていました。 お陰様で今日は1日アルと出掛けられます。 「ユーリ、今日は本当に馬で良いのか?」 「はい!」 今日は私はここに来た時に乗せてもらった馬に乗って出掛けたいとリクエストしました。 だって馬が好きだから! お弁当を持って今日は湖でピクニック予定です。 森の中にある湖は穏やかで素敵な鳥たちが泳いでいます。 「やっぱり素敵ですね。最近はお互い忙しかったので今日はゆっくりしましょう?」 そう言うと 「ありがとう。気を使ってくれたんだな。ユーリも最近忙しそうだな。殿下が宣伝してしまったから売れるよな~」 「そうですね。殿下のお陰で繁盛してます。」 笑いながら言うと、 「そのおかげか、毎年流行る病が今年は余り聞かれないそうだ。もしかしたらユーリのお陰かもな。」 アルが真剣な顔で言う。 もしもそうなら、この世界で私も少しは役に立っているって事かしら? 「もっと色々できる事探さないとね。」 「まだ色々やろうとしているの?」 アルが私の顔を覗き込む。 思いの他近くに顔がありドギマギする。 「アル、ちょっと近いよぉ……」 最後は小さな声になってしまう。 「ユーリ、そろそろ俺と……」 アルが喋っている最中に近くの茂みがザワザワと揺れだした。 そして馬が嘶く! 「ユーリ走れ!」 アルが叫ぶ。 何が起きているのか全くわからなかったが……アルの声に反応し私は走り出す。 しばらく走ってアルが気になり後を振り向くと、アルは抜刀しており、相手は大きく黒い毛むくじゃらの生き物だった。 「あれは何?」 呟いても誰も答える者はいない。 このままではアルが、アルが怪我しちゃう! 思わず目をつぶってしまう。
/131ページ

最初のコメントを投稿しよう!