*3*憧憬と嫉妬

1/9
456人が本棚に入れています
本棚に追加
/453

*3*憧憬と嫉妬

 (ほの)()を主とあおいだ名もなき神は、次いで(つく)()(がみ)であることを告げた。  付喪神とは特定の神を指すものではない。永い年月を経て、道具に魂が宿った類いの総称。とりわけ彼の神は、狐の面に憑いた付喪神だという。  出会いを彩る椿を思い描くままに、(べに)という名を与えた黄昏もいまは昔。  ありし日に立てた誓いを寸分(たが)えることなく、紅は今日(こんにち)まで片時も穂花の傍を離れることはなかった。  愛犬を亡くし、母を亡くし、とうとう独りになってしまったいまも尚―― 「ほんっと、警備会社も恐れおののくほどの24時間体制だわ……頭痛が痛い」  ゆったりと(なが)る風景は淡い蒼。越冬を果たしたつばくらめが艶やかな藍黒色の翼を広げ、揚々と滑空する様が、()(おも)な穂花にはまぶしい。  
/453

最初のコメントを投稿しよう!