*4*菫の進言

1/9
458人が本棚に入れています
本棚に追加
/453

*4*菫の進言

 日本晴れを(いただ)く屋上。南中した太陽とは対照的に、(ほの)()の機嫌は最底辺を蛇行していた。 「私、どんどん自分がダメになってく気がするわ……」 「それは重畳(ちょうじょう)。今後とも全身全霊を以てお仕え申し上げるぞ」 「あのねぇ、(べに)は私を甘やかしすぎだと思うの!」 「(わぎ)()の為ではない。吾妹をどろどろに甘やかし、厭がる姿に快感を覚えたいが為。その証拠に、やめろと言われてすぐにわたしがやめたことはなかろう?」 「たしかに! 最低!!」  ああ言えばこう言う。はじめから開き直っているこの変態付喪神は、さすが一筋縄ではいきそうもない。  手持ちの重箱――ひとり用の小ぶりのもの――をちゃぶ台よろしくひっくり返しそうになるが、困るのは自分。ぐっと堪えるほかなかった。  口ではなんと言おうが、穂花が食してくれることを知っていた紅であるから、給仕の意味合いも兼ねて傍近くで誇らしげに見つめていた。  だし巻き玉子を(えん)()し、脇に控える付喪神をそっと見やる。  
/453

最初のコメントを投稿しよう!