*1*烈火の椿

1/5
459人が本棚に入れています
本棚に追加
/453

*1*烈火の椿

(ほの)()、いらっしゃい」  名を()ばれた。間違いなく自分の名だ。  はいっ、と言の葉を返す拍子に、ちいさな両手から朱の毛糸玉がこぼれ落ちる。  ()(ぐさ)の畳表を(まろ)ぶそれにはもはや残心なく、いとけない少女は鶯張りの縁側を駆け奏でた。  卯月の黄昏時。目をくらませる(せき)(しょう)の向こうから、人影を手繰り寄せる。鹿おどしの余韻に流水がせせらぐ穏やかな庭に、それはふたつ在った。  ひとつは大好きな母のもの。  もうひとつは勿論父のもの――であるはずはない。 「お誕生日おめでとう。穂花に贈りものよ」  穂花は小首をかしげた。庭の向こうまで見渡しても、家の中を振り返っても、それらしいものはない。在るのは、いつもよりひとつ多い人影のみだ。  母の唇はなにも紡がない。そこではたと気づく。母が言うのは贈りものであって、贈り物ではないのだと。 「おくりもの?」  ぎこちなく、鈴の音が転がった。 「如何にも」  母と並び立つ〝おくりもの〟が応える。穂花は大粒の琥珀を見開いた。  
/453

最初のコメントを投稿しよう!