《番外編》クローバー

20/21
191人が本棚に入れています
本棚に追加
/148ページ
何時ぞやの休日出勤の振替で午後から休みにしていた金曜日。 マンションにいても落ち着かなかったので、夕方に実家へ行った。 家の前まで行くと、珍しいやつを見つけた。 そいつは黙ったまま、家の方をじっと見つめている。 「蓮、どうしてここにいるの?」 そう声をかけると、一度オレを見てからすぐにくるりと背を向けた。 「先生に、場所聞いた」 それから一呼吸おいて、蓮は話を続けた。 「・・・この2年間すげぇ苦しかった。 でも、気づいたんだ。一番苦しかったのは莉乃だ。 そんなときに、側にいてあげられなかったオレは最低だ。 前に逃げるなってお前に言ったけど、逃げてたのはオレだった」 蓮はこちらへ振り向き近付いてきたと思ったら、急に頭を下げた。 「悪かった!オレを殴ってくれ!」 そう言う蓮に向かって、オレは迷わず右手を振り上げ ペチッ 額にデコピンしてやった。 ポカンとした表情でオレを見る蓮に対して「あがってけば」と声をかけ家に入ろうとする。 「あの、オレこれからまた莉乃と知り合って、仲良くなって、必ず両思いになるから! 莉乃のことはオレが幸せにする! だから、あんたは自分の幸せ掴めよ!」 「ははっ、プロポーズ?」 オレは真っ赤な顔をした蓮に笑いかけた。
/148ページ

最初のコメントを投稿しよう!