ホッケウの眠り

1/7
0人が本棚に入れています
本棚に追加
/7ページ

ホッケウの眠り

 ホッケウは、いつもお母さんと一緒。  ホッケウは、とてもお母さんが好き。  あったかいお母さんの、あったかいお腹でお昼寝するのが好き。  やさしいお母さんの、やさしい目に見つめらてねむるのが好き。  ホッケウは、お母さんがとってもだいすき。  でもある日、お母さんはとつぜん元気をなくしてしまった。  ホッケウと一緒に、森をおさんぽすることもできない。  ホッケウをぎゅっと抱きしめても、ずっとふるえている。  お母さんはずっと眠ったまま、なんだかとっても苦しそう。  ホッケウはなやんだ。  たくさん、たくさんなやんだ。  それでもわからなかったから、ホッケウは森の中で色々な生き物に相談をした。 「お母さんはどうしたらげんきになるの?」  森の皆は困ったような顔をして、だまって遠くに行ってしまう。  ホッケウは森の奥まで行って、そこで森のお医者さん、ふくろう先生に出会った。 「にんげんの町のおくすりを飲めば、お母さんはげんきになるかもしれない」  物知りなふくろう先生の言葉を聞いたホッケウは、にんげんの町に行こうと思った。  木の枝とこの葉でつくったお洋服に、水辺の砂で顔をおめかし。  ホッケウは色んなものを使って、にんげんのマネをした。  とっても不器用なおめかしだけど、ホッケウは一生懸命。  ホッケウはほとんどのにんげんが見ることは出来ないのだけれど、  ずうっと森に住んでいるホッケウはそれを知らなかった。
/7ページ

最初のコメントを投稿しよう!