花園の恋人

1/3
2人が本棚に入れています
本棚に追加
/3ページ

花園の恋人

さあて、今夜も私は夜に生きるわ。 私、24歳、女。1Rの独り暮らしの部屋で、お気に入りの場所はベッドだけ。 さあて、今夜も眠って『生きましょう』。 私はぼふん!と、勢い良く布団に入ると、眼を閉じて眠りについた。 気がつくと、私は白いワンピースを着て、蓮花達の花園の中に座っていた。青空の様だけど霞がかかっていて、どこまでが花園なのか検討もつかない。どこまでも続いてみえる蓮花、芝桜、クローバーなどの花花が続く丘。その蓮花の中で教会で神に祈るように手をあわせ、私はいつも通り彼を待っていた。 ふと、人の気配。 「今日も来てくれたんだね」 目を開けて見上げると、いつもの少年が微笑を浮かべながらもう私の前に立っていた。繊細そうで髪がさらさらで薄茶色が陽に透けて、とてもきれいな16歳くらいの少年。私の、たった一人の恋人。 私も微笑み返した。 「今日は、君に見せたいものがあるんだ」 「ふふ、なあに?」 私達は手を繋ぎ、楽しそうに花園を歩き始めた。 はにかんだ少年の、名前は知らない。毎晩会うけど、なんとなく聞きたくないし、こちらも何も言ってない。夢がなくなりそうで。私も、少年にあわせて16歳くらいに映っているに違いないから。     
/3ページ

最初のコメントを投稿しよう!