序章

1/6
346人が本棚に入れています
本棚に追加
/188ページ

序章

「ねえ。桜の木の下って、何で雑草が生えないのか、知ってる?」    悪戯っぽい笑顔が、ずいと覗き込む。まごついた僕に、その両目が鋭く光る。  眉を潜め、答えを絞り出そうと奮闘するが・・・・・・この心無き出題者はどうにも邪魔したくて仕方がないようで、体をつついたり、無関係の歌を歌ったりとやりたい放題だ。  足元には光と影のアートが彩られ、見上げた先には、誰もが言葉を失ってしまいそうなほどの立派な桜の花房と、柔和な枝々の束が、きらめく陰影を演出している。 「さあ。陽が当たらないからじゃない?」  葉子は不敵に笑う。どうやら僕は負けたようだ。全然だね、と背中を叩くと、一歩だけ前を歩きながら、説明口調で続ける。 「桜の葉っぱにはね、毒があるんだって。雨が降ったときに、葉を伝って毒が地面に浸透するから、雑草とかが生えてこないの」   「ん? じゃあ、いま桜餅を葉っぱごと食べてる僕は死んじゃうの?」  ――無言だ。知らないふりを決め込む華奢な肩を冗談ぽく小突くと、葉子は思わず吹き出した。 「大丈夫だよ。兼くんは、雑草よりは生命力強いから」       
/188ページ

最初のコメントを投稿しよう!