#8

37/37
239人が本棚に入れています
本棚に追加
/267ページ
「悪い、お楽しみのところ邪魔しちゃったな」 「ホント、用事がないならかけてこないでくれる? 何事かと思うじゃない」  間髪入れずに麗奈が言い返した。  声が刺々しい。 「……悪かったな」  それだけ言うと七きゅーは黙って電話を切った。 ーータローとは上手くいってるんだ。    ……  …………  こうなるのは自ら望んでいたことだったはずだ。  しかし、七きゅーは麗奈のそっけない対応に傷ついていた。どこかで……どこかで、麗奈が颯爽と助けに来てくれることを期待していたのだ。  あの夜のことを問い質したい。  あいつは……麗奈は一体どういうつもりであんなことを言い出したんだろう?と。
/267ページ

最初のコメントを投稿しよう!