1・淡く、光る

1/1
27人が本棚に入れています
本棚に追加
/4ページ

1・淡く、光る

耳もとに囁かれた 甘い言葉を真に受けて ふらり 迷いこんだ先は闇 我に返り手探りで 出口を探せば ぽつり ぽつりと 小さな導きの光が灯りだす  やがて光は 大きな群となり 眩く輝き すべてを白日の元に晒して わたしには見えてしまった あなたの 隠していたものが わたしは気付いてしまった 『恋』という名の 薄紅色のベールが  わたしの目を曇らせていたことに  滑稽だったでしょう 恋に溺れる 愚かな女は あなたの創った 美しい虚飾の世界は 煌めく夢幻の舞のように わたしの目を釘付けにして 心を虜にした けれど 所詮は嘘偽り 少しずつ 少しずつ 歪んで 綻んで やがて すべて露わになり 崩壊した それなのに─── 憎むことは できなかった 淡く 朧な想いの光が 今もまだ 胸の中に消えずにいるから
/4ページ

最初のコメントを投稿しよう!