1.産声

1/6
486人が本棚に入れています
本棚に追加
/847ページ

1.産声

 天保五(一八三四)年 三月 江戸  縁側に腰掛け、ぼんやりと空を見上げる男がいた。  今日は快晴、春爛漫の陽気である。 「だ、旦那様!」  向こうからドタバタという足音と共に、一人の女がやってきた。  男はガバッと立ち上がった。 「産まれたか?」  産婆の助手として来ていたその女性はこくこくと頷いた。 「男か?女か?」 「はい。かわいらしい女子(おなご)の赤ちゃんでございます」  男の顔が一瞬曇った。が、女に悟られまいとすぐに笑顔になった。 「そうかぁ。まあ元気に産まれてくれたならそれに越したことはねぇ。どれ、娘に会いに行くか」 「はい。こちらですよ」  男は女について、娘の待つ部屋へと向かった。     
/847ページ

最初のコメントを投稿しよう!