愛とロマンの日曜日

14/21
6109人が本棚に入れています
本棚に追加
/1001ページ
「気のせいじゃなくない……?どう見てもこれはメイドのコスプレ…………あっ……!」 ここに来てようやく、瀧内くんが「二人きりのときに開けて」と言った意図がわかった。 買い物に行くことになったとき、葉月は「めっちゃかわいい服選んで三島課長喜ばせたろ!」と言った。 つまりあれか、メイドのコスプレをして潤さんを喜ばせろと、そういうことか! 「潤さん……つかぬことをおうかがいしますが」 「はい……なんでしょうか……」 「潤さんって……メイド服が好きなの……?」 おそるおそる尋ねると、潤さんは目を見開いて、首がもげるんじゃないかと心配になるほど、何度も大きく首を横に振った。 「それはない、断じてない!」 「じゃあこれは……?」 私が真顔でメイド服もどきを指さすと、潤さんは慌てて私の両肩をつかむ。 「メイド服が好きだって言ったのは俺じゃないよ!俺はただ、デートのときにニットのワンピースを着て欲しいって……!」 「……言ったのね?」 「あ……いや、言ったような、言ってないような……」 潤さんは曖昧に言葉を濁して、また目を泳がせる。
/1001ページ

最初のコメントを投稿しよう!