スマイル11・王様とコロッケパーティー

11/19
1831人が本棚に入れています
本棚に追加
/814ページ
  「おいっ! こんな熱いの触れるかっつーの!!」  蛇口いっぱいひねって、じゃあじゃあ水を出し、手を冷やしながら文句を言ってきた。 「簡単じゃねーかって言ったでしょ、お水もったいないから早く止めてね」  水道代がかさむでしょー。  無駄遣いは禁止よ。禁止。  じゃあ頑張ってね、と声をかけて、私は別の準備に取り掛かった。  外に出るとテーブルは殆ど子供達が頑張って運んでくれていたから、設置するだけで良かった。  近所のお母さんが、紙皿や紙コップを持ってきてくれるって言ってたから、とりあえず施設にある食器と、持ってきてくれるもので足りそうね。買い足さなくても良さそう。  飲み物も用意して、外の準備を終わらせてキッチンに戻ると、王雅が一人で一生懸命おにぎりを作っていた。  お世辞にも見た目は綺麗とは言えないけど、四苦八苦しながら一生懸命王様が作ったおにぎりは、きっと美味しいと思う。  王様も、頑張れるのね。  何か、かわいい。  長身の王様が、子供みたいに見えてかわいいって思っちゃうなんてね。変なの。
/814ページ

最初のコメントを投稿しよう!