すべての始まり

2/3
525人が本棚に入れています
本棚に追加
/90ページ
満月の夜。 二匹の銀の狼は森に捨てられた人間の赤ん坊に出会った。 赤ん坊はタオルに包まれ、へその緒がついたまま草むらに無造作に投げ捨てられ、泣き声も上げない。 月足らずで生まれた赤ん坊は小さく未発達だった。 「こんなガキを産み落としやがって」 赤ん坊を車の中から投げ捨てた男は、「これであの女とも終わりにできるな」と、笑い声だけを残して走り去って行った。 「この赤子はどうせもうすぐ死ぬんだ。他の獣に喰われてしまう前に俺が喰らうか」 車を見送った一匹の大きな狼が喉を鳴らすと、それよりひとまわり小さな狼が赤ん坊に鼻を擦り寄せた。 「まだ生きてるのに可哀想すぎるわ。わたし朝までこの子のそばについてていいかしら?」 「ああ、好きにしていい。ダメなら俺が喰らってやるだけだ」 「ありがとう、あなた」 一匹の狼は赤ん坊の隣に包みこむように座り、自らの乳を赤ん坊の口に含ませた。 赤ん坊の弱々しく震えるくちびるが、一滴の乳を含むとか細い泣き声を上げた。
/90ページ

最初のコメントを投稿しよう!