十六能力《イザヨイ》

1/2
187人が本棚に入れています
本棚に追加
/524

十六能力《イザヨイ》

 しばらくして泣き止んだ厘は、ふと思い出したように、唐突に叫んだ。 「あーっ!そうだ!キミの『十六能力イザヨイ』!」  厘がとりあえずは元気になったことに安心しながらも、京はその謎の単語について聞き返す。 「さっきも言ってたけど、その『十六能力イザヨイ』っていうのは……?」 「私たちが、明晰夢ルシッドメアと戦うための力。見せたほうが早いね」  そう言うと、厘は胸元から小さなペンダントのようなものを取り出した。細い紐の先には、ルビーのように紅い宝石が輝いている。  ふと、先ほど見た明晰夢ルシッドメアが頭をよぎる。しかし、京がそのことについてそれ以上考える前に――  厘が、その宝石を握りつぶした。 「えっ!?」  深紅の光が、宝石から溢れる。京が目を丸くしている間に、その光は徐々に細長く収束していきーー  一振りの、槍となった。 「これが、私の十六能力イザヨイーー『烈火矛槍レッカムソウ』よ」  厘と出会ったときに、彼女が手にしていた槍。走っている間にいつの間にか消えていたので、どこかに置いてきてしまったのかと思っていた。  まじまじと、その槍を見つめる。  長い柄と鋭い刃を持った、シンプルな構造。しかし、ルビーのように紅く煌めく穂先からは、言いようもない威圧感がほとばしっている。  厘が流麗な動きで槍を一薙ぎすると、建物の壁に鋭い線が入った。いとも簡単に、壁を切り裂いたのだ。  誇らしげな様子で、厘が語る。 「私ね、小さい頃から槍術を習っていたの。この能力も、その影響じゃないかな。十六能力イザヨイは、その人の性格や経験ーーそして、時には死因が基となって発現するものみたいだから」  そこまで言うと、厘は「烈火矛槍レッカムソウ」を地面に突き立てる。すると、槍は光の粒となり、彼女の掌に収まったかと思うとーーふたたび、ルビーのようなペンダントに戻った。
/524

最初のコメントを投稿しよう!