15/17
3人が本棚に入れています
本棚に追加
/17ページ
 その晩、ケノザはいたたまれなくなって、神のもとをたずねました。 「なぜあのように、未来のある若者を、踏みつぶそうとするのですか」  かつての自分が人々の足の下敷きになって、茎が折られ、葉が破られていたようすとレオナールの姿が重なりました。 「こころざし半ばに道を閉ざされた者がいると、愁いに富んだ世界が出来上がるからだ」  神はいくどかうなずき、うっすらとした笑みを、ほほに貼りつけました。 「そのほうが、おもしろい芝居のようで、見物のしごたえがあろう」 「そんな。人間は神の遊び道具ではありません」  うす笑いを消さない神に、ケノザは声を荒げました。  人間界にもどったケノザは、ベッドでひざをかかえたまま眠れませんでした。  わたしにやさしい目をむけるほど、レオナールからは幸せが遠のいていく。  どんな良い絵を描いても、決して認められることもないでしょう。  なんの取り得もない雑草だったわたしを、天使だと称えてくれているのに、わたしは災いをもたらすだけ。    どうすればいいのかしら。  神になれると聞いたとき、舞い上がるような喜びに満たされたことが、遠い昔のようでした。  重く苦しい時が過ぎ、東の空が白んだころ、ケノザは決心をしました。
/17ページ

最初のコメントを投稿しよう!