甘い蜜

12/17
2407人が本棚に入れています
本棚に追加
/215ページ
自分のアソコは驚くぐらいトロトロというよりべちゃべちゃで 太ももにまで蜜は垂れていた。 一生懸命彼に言われたとおりに蜜をすくっている間 彼はただ、私のその姿を見ているだけだった。 「すっごいイヤラシイよ、結衣…」 そう彼に言われると褒められた気がして嬉しかった。 だって、私と彼が繋がっていられるのはカラダだけだから。 彼のモノに大事に自分の蜜をつける。 彼の蜜もあふれ出てきて自分の目で彼と私が交わっているのが見れて 嬉しく感じる私は、正真正銘の変態なのだろう。 「結衣、私ので自分のクリ●リスを弄ってみて。」 「え…!?できないよ、そんな……」 「会えないときは、いつもオナニーしているよね?ほら……」
/215ページ

最初のコメントを投稿しよう!