プロローグ ◆むかしむかし◆

1/20
5人が本棚に入れています
本棚に追加
/331ページ

プロローグ ◆むかしむかし◆

 ガシガシガシ。  アイナは今日も地面を掘り起こす。小さな手にスプーンを握り締めて。  地面は固く、幼い彼女の力と小さな木のスプーンではまるで歯が立たない。  それでもアイナは、めげずにその木の根元を掘り起こそうとしている。    ガシガシガシ。  丘の上に立つ大きな木。  その木のことを人々は『竜の木』と呼んでいた。  昔、この地を治めていた竜がいた。  立派な竜だった。  その竜が死ぬと、人々は死体を丘の上に埋葬した。やがて、その場所から木が芽吹き、いつしか大木に育った。そういい伝えられていた。  だから、『竜の木』のことは誰もが知っていた。  誰もがその木を大切にしていた。  アイナは竜を見たことがない。昔はたくさんいた竜もその数はどんどん減っていき、今ではその姿を見たことのある者はほとんどいない。アイナも村に伝わる絵巻物に描かれた絵でしか見たことがない。それも、年に一度の収穫祭の時に祭壇に飾られるのを目にするだけだ。  竜は人々の――彼女たちの守り神だった。  だからアイナは思った。     
/331ページ

最初のコメントを投稿しよう!