〇〇の神様

母と話していた娘は、ある神様に気づく。

0 2

1分 (301文字)
ほんわかな気持ちになる作品です^^

あらすじ

「世の中、神様だらけね~」 「あらあら、私たちはそれだけ色んな神様に守ってもらっているのね」  母はふふふと笑う。──その笑顔は、神様のようにとっても朗らかで。ああ、そうだったんだと心が穏やかになる。

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2018/5/30

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る