ドキドキの正体

2/14
1498人が本棚に入れています
本棚に追加
/483ページ
「ねぇ、もう寝ないの?もっかい寝顔見せてよ」 「何言ってるの…?びっくりしすぎて目覚めちゃったもん。寝てるとき勝手に入ってこないでよ」 「幼馴染みの特権だよね。俺相手だとオジさんもオバさんも快く朱里の部屋入れてくれるし。ラッキー」 「ラッキーって…だから意味分かんないよ」 「(お、顔赤くなった)下で待ってるから着替えたら降りてきてね。ご飯食べたら一緒に学校行こ?」 「う、うん…」 私の部屋から出て行ったたっくんを見て、思わずため息が漏れた。 はぁ…再び私を追い掛けるようになったたっくんは、いつも予想を上回るような行動ばかり。 普通、こんなことされたら私のことす、好き…、なのかな…なんて思っちゃうんだろうけど。 でも相手はあのたっくん。 中学時代は色んな女の子と付き合ってたプレイボーイのたっくんだし。からかわれてるだけ…?
/483ページ

最初のコメントを投稿しよう!