恋に気付いた瞬間

1/31
1428人が本棚に入れています
本棚に追加
/483

恋に気付いた瞬間

家に戻り、部屋のベッドにダイブする。 今、私の頭の中を占領しているのは一つだけ。 時間が経ってもまだドキドキしてる… たっくん、男の子なのにすごく良い匂いがした。あの匂いを思い出すだけで胸がキュッとなる。 小さい頃、たっくんと何度もギューッてしたことあるのに。 でも、あの頃の気持ちとは全然違う。 このドキドキの正体は何? 男の子に抱きしめられたから? それとも相手がたっくんだから? 分かんないよ…… だって、私にとってたっくんはずっと一緒に成長してきた幼馴染みなんだから。 それなのにどうしてこんなにドキドキするの…? たっくんが私に構うのはドキドキさせるため… それってやっぱり… いや、それは自惚れだよね。 だってあのかっこいいたっくんなんだもん。 ………でも本当に自惚れ? たっくんは誰にでも優しいけど明らかに私にだけ接し方が違う。 もっと優しい、というか特別扱い、というか。
/483

最初のコメントを投稿しよう!