先輩が教えてくれたこと

1/25
1317人が本棚に入れています
本棚に追加
/483

先輩が教えてくれたこと

昨日、初めて自分の気持ちに気付いた。 私は…たっくんが好き。 私が恋する相手、たっくんは言った。 矢吹先輩のことをいい人で優しい人、だと。 とても信じ難いけれど、たっくんが言うならきっとそうなんだろう、と信じていたのに。 「やっぱり先輩は最低最悪ですっ!」 「突然来るからだろ」 たっくんと一緒に先輩の家に行き、インターホンを鳴らすと上半身裸の先輩が気怠げに出てきて。 この時点でちょっとビックリはしたけど、それだけならまだよかった。 それなのに、通された部屋のベッドには当然のように下着姿の女の人がいて… 「もうあいつには帰ってもらったんだからいつまでも文句言うなよ」 「さっきの人、昨日映画館にいた人とは違う女の人ですよね?」 「あー、あれはセフレ2号。ちなみに3号もいるよ」 「…!?」 こ、この人のどこがいい人で優しい人……? 「諒介さんが何しようが勝手だけど朱里に変なことしないでよ」 「純粋な女なんて俺の周りにいないから揶揄っただけじゃん。俺、処女には興味ないから安心して」 「……!?!?」 「朱里の前でそういう発言しないでくれる?」 やっぱり私はこの人がすごく苦手だ。 一緒に来るんじゃなかった…
/483

最初のコメントを投稿しよう!