ばいばい。大好きな人。

23/24
10人が本棚に入れています
本棚に追加
/24ページ
「ここじゃ人目につくから、俺んチくる? 今日は母さんが朝からケーキ焼いてたから、食べれるよ」 「……行く」 私は鼻をすすった。 「よし、決まり!」 祐樹はカバンからハンカチを出して、私の涙を拭ってくれた。 「……祐樹、こないだの告白のことなんだけど……」 「それは、また今度でいいよ。今は考えられないだろ? 俺の気持ちは変わらないから」 「……ほんとに?」 「うん。だって、好きになってからもう何年も経つのに変わってないんだもん。ここまできたら、もう変わらないだろ」 祐樹が当然のように言う。 「ありがとう」 正直今は、祐樹の言う通り考えられない。 祐樹を男の子として見るところから始めなくちゃいけないし。 でも、こんな人が彼氏だったら、私は毎日笑って過ごせるかもしれない。 「ケーキ楽しみ」 そう言った私を、祐樹は愛おしそうに見つめた。
/24ページ

最初のコメントを投稿しよう!