天使はいかがですか

でも、さみしくはなかっただろ

2 44

7分 (4,193文字)
妄想コンテスト参加作品。誤字脱字、文法的なとこなおしました。

あらすじ

六月の雨の日、黒い雨合羽の男が「天使はいかがですか」とつぶやいていた。僕は冗談で男から天使を買った。次の日、僕の隣に天使がいた。大男だった。

感想・レビュー 4

 ありうる……。  本作には現実がある。  読後、まず私はそれを強く思いました。  そして、救いをみました。  私も天使になりたい……。  多くは語れませんが、世の残酷さと人のやさしさを詰めた物語
1件1件

※このコメントはネタバレを含みます

1件2件

※このコメントはネタバレを含みます

1件3件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る