世界で一番下手な嘘

7/11
6人が本棚に入れています
本棚に追加
/11ページ
「……ナオキ、本気なん?」 「うん」 「ほんまに、ここでお別れして後悔せーへん?」 少し間があって、ナオキはまた、「うん」と言った。 「……わかった」 私は、何かに夢中になるとそれ以外見えなくなる。 今はそれがナオキだった。 ナオキがいたら、私が歌を真剣にやれないことをナオキは分かっている。 「……東京いってくる。でも――」 私は涙で滲む視界の中、大好きな人を見た。 「もし私が、いつか人前でライブができたとしたら、そのときは絶対見に来て」 ナオキが微笑む。 「うん、絶対いく」 これ以上ナオキの顔を見ていたら帰れない。 私は泣きながら方向を変え、歩き出した。 「ほんまにこれで良かったん?」 「……うん、これがレナの為や。協力してくれてありがとうな」 ナオキにとっての優しい嘘は、私にとっては何よりも悲しい嘘で。 私は初めて、ナオキの嘘に気付かないふりをした。
/11ページ

最初のコメントを投稿しよう!