きゅうかけらめ

2/4
64人が本棚に入れています
本棚に追加
/85ページ
「一緒に遊ぼう」 近くで声が聞こえた気がして振り返ると、少し年上の子どもがわたしを見ていました。 少しためらいながら、わたしの様子を伺うその姿に、迷うことなくなぜか首を縦に振りました。 わたしの返事にホッとした顔つきで、手を握られました。それから歩き出したので、わたしもつられるように一緒に並んで歩きます。 どこへ向かっているのだろうと、相手の横顔を見つめました。わたしの自然に気づいた相手は、柔らかく頬をゆるめました。 「あなたは、何をするのが好き?」 「?」 「よく本を読んでもらって、わたしは読書が好きになったよ」 「ほん?」 「そう。図書室に行って、すてきな物語を一緒に冒険しよう。きっと楽しいわ」 「はい」 「わたしは19番。あなたは、18番だったよね?」 「じゅう、はちばん?」 「先生からの贈り物だから、覚えておこう」 これが19番とわたしの出会いでした。
/85ページ

最初のコメントを投稿しよう!