少年時代
1/1
5/14

少年時代

『この香水いい匂いだね』 俺は母親の機嫌を損なわない様に、おべんちゃらを言った。 本当は臭くて敵わないんだけどね。 『いつもと一緒の香水よ』 母親は嬉しそうに微笑んだ。 『いいや、今日の匂いは格別だよ』 俺は食卓の椅子に座ると、母親が料理を作り終わるのを待った。早くご飯を食べて、十九時に遅れない様にしたかったんだ。 早くしてなんて言ったら、銭湯代をもらえないからさ。 これは冗談ではなくて本当の話なんだ。 一度だけだけど、母親は機嫌を損ねて銭湯代をくれないことがあったんだ。 その時は大ちゃんに払って貰ったんだけどね。 大ちゃんは本当にいいやつなんだ。 俺の自慢の友達だ。 『出来たわよ』 母親が料理を食卓に置いた。 ハムエッグに焼き魚、まるで、朝食みたいな料理だった。 『頂きます』 時間は十八時四十分だった。 俺はご飯を食べるとリュックサックを背負い、リビングからベランダに出た。 俺の住んでいる所からは、大ちゃんの家も見えて、いつも遊んでいる公園も見える。 大ちゃんの家は電気がついていた。 俺はそろそろ行くかと思ったら、大ちゃんの家の窓があいたのがわかった。 『賢治、そろそろ行こうか』 『うん』     
5/14

最初のコメントを投稿しよう!