第一回 ジェシーは最速の銃士(ガンマン)

1/3
5人が本棚に入れています
本棚に追加
/13ページ

第一回 ジェシーは最速の銃士(ガンマン)

 俺は、ジェシー・クランス。西部一の早撃ち銃士(ガンマン)。先の戦争では3桁の南軍兵士を撃ち抜いた。そんな俺と相棒のオリヴィア二世の前には敵はいねえ。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇  奴の右腕が動こうとした時、俺は撃鉄を起こしていた。  耳を(つんざ)く銃声。その僅か数コンマ後に奴の身体が吹っ飛び、砂煙舞いたつ乾いた街に倒れた。  歓声が挙がる。街の住人だった。  口々に、俺の名を呼び称える。 「ジェシー最高だ」 「ジェシー・クランスこそ、最速の銃士(ガンマン)だ」  俺は相棒のオリヴィア二世を掌で弄んでホルスターに収めると、観衆に向かって肩を竦めた。  よせやい、本当の事を言っちゃ冗談にはならねぇもんだ。  倒れた男は、大鼻(ビックノウズ)のカーストン。このセブンスポイントを牛耳る無法者(ギャング)の親玉である。  歳は五十二。死んだ親父と同じ歳だ。だからとて、何の感慨も無いが。     
/13ページ

最初のコメントを投稿しよう!