大祭の夜に

十九年に一度訪れる冬至と新月が重なる夜、この町は祭りでにぎわう

2 6

11分 (6,288文字)

あらすじ

大祭の夜、俺は美しき令嬢アデリアと落ち合って、祭りを楽しむはずだった。だが、待ち合わせの場所にアデリアは現れない。俺が探り当てた真実のさきには、ひとつの嘘が待っていた。

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2018/6/3

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る