第一話  嵐を呼ぶ女

1/63
129人が本棚に入れています
本棚に追加
/163

第一話  嵐を呼ぶ女

 (愛を胸に抱きしめて)  輝く魔法の夜。  夜毎、熱く愛を確かめる。  サトウ楓の燃えるような紅葉が眼下に広がるロッキー山脈の屋敷に、無理やりセイラを閉じ込めて一か月。初冬の夜のことだった。  粉雪が舞い始めた山々に、薄く積もった雪景色。そんな風景が寝室の窓の外に広がっている。  温かなセイラの身体を抱き寄せて、甘い夢に微睡む彼は不吉な夢を見ていた。  渦巻く潮に呑まれ、蒼く輝く龍が海底深く沈んでいく。  「セイラ・・」、思わず叫んだ。  うなされ、ハッとして目覚めた。  恒星は腕の中で眠るセイラを抱き寄せ、その身体に手を這わせて確かめる。  セイラが柔らかな笑みを浮かべると、彼の胸に身を寄せた。  「あぁ、夢か・・」  セイラの髪に顔を埋めて呟くと、恒星は目を閉じる。彼の腕の中で眠るのは、掛け替えのない彼の宝物。  優しい香りのするセイラの身体をそっと腕の中に包み込むと、恒星はまた甘い眠りに落ちて行った。
/163

最初のコメントを投稿しよう!