第二話  お仕置きは躊躇いなく
全2/4エピソード・連載中
64/135

第二話  お仕置きは躊躇いなく

 (愛の夢)  薔薇色に溶ける宙。  白く輝くカナディアンロッキーの山々が、その明けの色に染まる。  セイラは、ゆっくりと目覚めた。  今朝は気分が良い!  「‥あれっ・悪阻がない・・」  何処までも清らかな雪景色が窓の外に広がる。主寝室の巨大なベッドの上で目覚めた。  何故か、独りで。  「恒星、どこ・・・」  横に伸ばした手に、冷たいシーツの感触が伝わる。  毎朝の、目覚めのキスが無い。  恒星を探して、身体を起こした。  ベッドの上にはセイラが独り寝ているだけの部屋。  セイラはベッドを降りて、素足で冷たい床を踏んで主寝室を出た。  扉を開けて、廊下に出る。  少し開いたままの隣のベッドルームのドアが・・セイラを誘った。  覗いた部屋のベッドの上で、独りで眠る恒星を見付けた。  「なんで、独りで寝てるのよ?」  部屋の中に滑り込むと、ベッドに眠る恒星に歩み寄る。  頬を突いてみても反応しない。  何か寝言を言って、少し笑った。  夢を見て笑みを浮かべる恒星が、ふいに許せなくなった。  「ねぇ~・お眼ざめのキスは如何したのぉ」  ベッドにのぼって、恒星の身体を押さえ付け伸し掛かると、両手を押さえてお小言の雨を浴びせる。  まだ目覚め切れない眼差しを、緩く彷徨わせる恒星。  焦点の合わない眼差しが可愛い。  「セイラ・・」  かすれた声でセイラの名前を囁いた。  セイラの身体に腕を回して抱き寄せる。  「こんな所に独りで寝てるなんてぇ・・。アタシが寂しいじゃないのォ」  少し怒った声で、キスを強請るセイラ。  「ああ・・セイラ・」  呻いて頬を包んだ恒星の手が、心なしか震えている。  身体を起こすと、セイラを身体の下に敷き込んだ。  「僕が解るのか」  言っている意味がサッパリ解らない。  「何を言ってるのよ。私の旦那様の恒星に決まってるじゃないの・・ウッウ・・」  恒星の腕が鉄の輪のように締め付ける。  いきなりセイラの唇を熱く奪って、酸欠に為るまで放してくれなかった。  ベッドからセイラを抱き上げて主寝室に運び込むと、ドアを閉めて鍵まで下ろした。  巨大なベッドにセイラを押さえ込むと、熱く伸し掛かる。  無言でセイラを愛し続ける恒星に降参!
64/135

最初のコメントを投稿しよう!