狂犬の愛情

1/8
857人が本棚に入れています
本棚に追加
/30

狂犬の愛情

「ねえ、ねえ、コタちゃん。」 放課後、帰ろうと思ったところで声をかけられる。 声の主は、副長先輩だ。 嫌な予感しかしないし、できれば気がつかないフリをして帰ってしまいたかった。 けれども、そんなオレの心はお見通しみたいで、首根っこをつかまれてずるずると引きずられるようにして歩く。 先輩は相変わらず、軽薄そうな笑みを浮かべて鼻歌を歌っている。 心臓がドキドキいうけれど、これは、単にこれから起こるであろう、悪い事への不安からだ。 「あの……。」 声をかけるが、華麗に無視をされる。 また、禄でもないことになるに違いない。 できれば、陸を巻き込まない形であればいいと思うけれど、きっとそうはいかないんだろうなと思った。 ◆ つれてこられたのは、特別棟の端にある視聴覚室だった。 中に誰かいるのではと思ったが薄暗い室内に人の気配は無かった。 不安で、きょろきょろと周りを見渡すがやはり誰もいない。 「今日は誰もいないよ。」 副長先輩は口角を上げながら言った。 「せっかくだからコタ君と仲良くなろうと思っただけだよ。」 DVDを取り出して教室の前方にあるデッキに入れる。     
/30

最初のコメントを投稿しよう!