そして、私は出会った

ゾマニィが所属する傭兵団は、壊滅状態だった。

白部令士

4分 (2,182文字)
彼女は、愛しいビントの亡骸を抱いていた。

4 48

あらすじ

「神が存在するというのなら、私の前に出てきてくれ」  廃屋の陰での、ゾマニィの呼び掛け。  それに応えたのは、緋色の戦装束に身を包んだ少女だった。

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る

その他情報

公開日 2018/6/16