そして、私は出会った
1/3

そして、私は出会った

「神が存在するというのなら、私の前に出てきてくれ」  廃屋の陰でゾマニィが唸った。 「どうした? この、ゾマニィの、か弱い人間の、心からの呼び掛けだぞ」  魔物の数が予想よりも多く、彼女が所属する傭兵団『青羽と直刀』は壊滅状態だった。魔物共は、このまま村を襲うだろう。  ゾマニィは抱いている。命絶えた愛しい人を。 「……どうやら、神はいないらしい。無念だ。喰い散らされる瞬間まで側にいるぞ、ビント」  ゾマニィは、愛しいビントの頬を撫でた。  隊長が下した無謀な突撃命令。ビントは命令に従い、且つゾマニィの前に立ち続けたのだ。先に立って得物を振るい、倒れた。魔物の群れを率いる首領に負わされた傷が致命傷だった。 「隊長は村人に関わり過ぎた。傭兵が情に流されればこうなる、か」  その隊長も、先程両腕を千切られて潰えた。 「ビント――。あぁっ」  ゾマニィは、ビントの側を離れ難く、離脱出来ないでいた。  魔物共の眼は村に向いていた。狙いはあくまで、村の家畜であり、村の人間である。しかし、魔物の一体がゾマニィに眼を止めた。得物を放し、ビントの亡骸を抱くゾマニィは、容易い相手と見えたのだろう。魔物がにじり寄りながら爪を振り上げた。  その時だった。  煌めくものがあり、爪を振り上げた魔物が弾き飛ばされた。  ――一帯の魔物共の動きが止まる。 「呼ばれたようで。どうも」  ゾマニィの前に、緋色の戦装束に身を包んだ少女が顕れた。 「ヒュリリに御用かな? ゾマニィちゃん?」  少女が訊いてきた。  動きを止めていた魔物共が、退くよう逃げて行った。弾き飛ばされた魔物もそう。村へ向かうという流れには違いなかったが。 「ヒュリリ? それはつまり、処女神ヒュリリ?」  ゾマニィの唇が震えた。ちゃん付けで呼ばれたことなど、頭の隅にも残らない。  ナルゥ守護六神が一柱、処女神ヒュリリ。少女の姿をした純潔と戦の神。 「ま、そんな風に言うよね。で、御用はなぁに?」 「貴女が処女神ヒュリリであるならば。彼、ビントを生き返らせて。ビントを、生き返らせて」 「あぁ……」  少女――処女神ヒュリリがビントを一瞥した。 「それは無理。もう、魂が旅立っているもの。入れ物を治したところで、どうしようもない」