再会

16/18
1373人が本棚に入れています
本棚に追加
/105ページ
止まっていた涙が、また流れてくる。 何で流れてるくるのかも、どうしたら止まるのかも…もう分からない。 「だーかーら、泣くなって言ってんだろー」 おどけた口調でそう言いながら、おでこを私にぶつけ、ゴリゴリとしてくる。 昔もよく、先生にされたな、これ。。 「ものすごく勝手なこと言ってんのは、、、わかってるよ、でも」 先生の両手が私の頬を包み、親指で涙を拭ってくれる。 「もう一度、、俺のこと、好きになってよ。。」 真っ直ぐに私を見つめる、先生の熱くて優しい目。 「もう一度、、、俺のこと、好きって、、大好きだって、、言ってくれよ、、」 その目が悲しそうに歪んだかと思うと、まるでしがみつくように、再び私を抱き締めた。
/105ページ

最初のコメントを投稿しよう!