1/5
586人が本棚に入れています
本棚に追加
/224

今日は割と仕事が多かった。 肝試しシーズンは別として、一日に何本か仕事が入ることは稀だ。 とりあえずは依頼の仕事を終え 沙耶ちゃんの店で飯を食っている。 沙耶ちゃんこと、如月(きさらぎ) 沙耶夏(さやか)は この店を一人でやっている。 明るいが眩しくはない照明の下 白いレンガの店内には観葉植物が並び カウンターの奥には、店の雰囲気にそぐわない “占い、お祓い等承ります お気軽に” という 手書きのボード。 目立つので、店に入ると必ず目に入る。 沙耶ちゃん自身も霊視が出来るので 店で占いをやっているが、その他の仕事 ... 人霊関係、人霊や獣霊による憑依 その他のわけわからんような物が出たという 依頼が入ると、それをオレらに回してくれる。 「さっきの駐車場の、ルーフに張り付いた お姉さんさぁ、泰河の手のこと なんか怖いって言ってたよな? 泰河が浄化するのとさぁ、朋樹が浄霊するんじゃ、 何か違うのかな?」 ビーフシチューとパン、サラダのセットに トマトと魚介のパスタまで食ったルカが 隣でコーヒー飲みながら言う。 ルカは、母親がイタリア人らしく 背は180あるオレと同じくらい。 整っているが、しゅっとした印象の朋樹とは 違い、派手目な印象を受ける。 シャープな頬のせいか、全体的にはすっきりとしているが、二重のまぶたの黒目がちの眼で 甘く見える顔立ちをしている。 すっとした鼻の下には、両端が引き締まっている口。 長くも短くもない、中途半端な長さの髪は黒く 耳や首にかかる毛先には軽い癖がある。 よく喋り明るい。人懐こいヤツだ。 沙耶ちゃんが出してくれたデザートの 小さなレアチーズケーキを 「沙耶さん、ありがとう!」と パッと笑顔になって受け取っている。 オレもケーキの皿を受け取って礼を言うと 「朋樹くんと泰河くんの違いね... どうなのかしら。死んでしまってから行く先は わからないものね」と 沙耶ちゃんは首を傾げ、肩の上の緩いウェーブの髪を揺らした。
/224

最初のコメントを投稿しよう!