Episode1:神隠し

17/18
158人が本棚に入れています
本棚に追加
/18ページ
「でもまぁ、無事に戻ってこれてよかったね」 「まぁねぇ……あの子、家出して隠れるためにあちこち転々としてるらしい。で、ちょうどいいねぐらを見つけたのに、ウカちゃんが邪魔だから消したって……最近の若い子は過激でおっかないねぇ」  清水原はしみじみと言い、肩を震わせた。 「でも、神通力のことを知ってたから、何かとそういう情報は持っているわけでしょ? あたしは中洲に来るまで知らなかったのに」  未だ機嫌が治らないウカちゃんの頭を撫でながら言ってみる。すると、ウカちゃんがようやく口を開いた。 「そういうのは、代々受け継がれるものだからね。信仰のある家柄なら知ってるさ」  なるほど。確かに、何か信仰している節は欠片もなかったな。だから知らなかったし、あの子は知っているんだろう。 「で、その子は今どうしてるの」  ウカちゃんが訊く。あたしと清水原は顔を見合わせた。 「うちで預かることにしたよ」  あっけらかんと言う清水原。ウカちゃんは目を細めると、頭を抱えた。 「また厄介なのを拾いやがって……」  厄介とはあたしのことも含むのか、この神様野郎。 「まぁ、従業員が増えるのはいいことやろ。つーことで、今回の代行料金は半月分の運を回しといてね」     
/18ページ

最初のコメントを投稿しよう!