絶対に・・ Unforgiven~許さない
1/5
13/1045

絶対に・・ Unforgiven~許さない

久しぶりの依頼だった。 前回の多子の依頼から実に3週間が経った。 それまで一つも依頼が無かった。 それはそれで良い事だろう。 人を始末してほしいという願望が減ったという事だから。 だが、ユウは今回の依頼に胡散臭さを感じていた。 その依頼は、今日の真夜中と呼べる時間に、首都エストにある酒場で会おうという物だった。 オリエンス大陸の首都エスト王国には、新市街と旧市街がある。 新市街は所謂、金持ち連中が住む高級住宅街で、セキュリティも万全だ。 なので、治安も非常に良い。 一方、旧市街は『貧困街』とか、『スラム街』などの呼び名があり、犯罪の温床となっている。 待ち合わせの場所として指定してきた酒場は、旧市街にあるのだ。 そんな所に、しかも真夜中に呼び出すのだから、ただ依頼をするだけという事は絶対に無いだろう。 だがユウは、危険に身を置くという行為自体、嫌いでは無かった。 その方が『生きている』という感覚が味わえるのだから。 ユウは早速、前回とは別の老人の顔に変装して現地に向かった。 約20分歩き、エストの旧市街に到着した。 周りには真夜中だというのに、人で溢れている。 とは言え、人の質が明らかに違う。 まず、目がギラリと光っている。 まるで獲物を狙う獣のようだ。 そして臭い。 ホームレスなど、何日も風呂に入っていないような連中ばかりだ。 こんな所に老人がたった1人で足を踏み入れたらどうなるか・・。 案の定、旧市街を入って間もなく、10人の男に囲まれた。 「よう。爺さんが1人でどこに行こうってんだ?」 リーダーらしき男がにやにや笑いながら尋ねた。 「ここは俺達の縄張りなんだ。通りたければ、有り金全部置いていきな。そうしたら、命だけは、もしかしたら見逃してやるかも知れんぞ」 周りの男達はゲラゲラ笑いだした。 要するに、有り金全部置いていっても、見逃してもらえないかも知れないという訳だ。 それにしても、どこにでもいるよな。 数を頼りに喧嘩を吹っ掛ける奴。 弱いから、自分1人じゃ何もできないくせに、束になった途端、態度がでかくなる奴が。 そう思いながら、ユウは腰に差した短剣を取り出した。 「・・は容赦しない」 「あん・・?何だって?」 その瞬間、男達は倒れた。 全員息をしていない。 血も全く出ていない。 急所だけを確実に狙ったのだ。
13/1045

最初のコメントを投稿しよう!