嘘を憎んで人を憎まず Underemployment~不完全雇用
1/7
6/1045

嘘を憎んで人を憎まず Underemployment~不完全雇用

ホームページを開く。 今日も殺しの依頼があった。 場所など、特に指定は無い。 ただ、『今日なるべく早く会いたい』との事だったので、『今から二2時間後に、ケレト公園の砂場前のベンチで待ち合わせでどうだ』と返事をした。 すると、『それで良い』という事だったので、『目印を黒いハンカチにする』とメールを返した。 この世界は主に5つの大陸で成り立っている。 世界の中心に位置する『セントラル大陸』 その北に『ノール大陸』 東に『オリエンス大陸』 西に『ガルブ大陸』 南に『シュッド大陸』である。 ユウが住んでいる所は、オリエンス大陸にある『ケレト』という小さな町である。 オリエンス大陸は、三日月の形をしており、ケレトはその最北端にある。 南に20分くらい歩くと、首都の『エスト王国』にたどり着く。 そのケレトに唯一ある公園が、『ケレト公園』なのだ。 ケレト公園は、アスレチック広場や、ジョギングコースもある大きな公園なのだが、何故か一ヶ所だけ、ベンチと砂場とジャングルジムしか無い、寂しい一角がある。 どうやら当初は、ここを壊して、新しく何かの建物を建設する計画があったのだが、その計画がおじゃんになり、ほったらかしにされている状態であるらしいのだ。 ここを待ち合わせ場所に利用するのは、障害物が何も無いので、他の人間が隠れたり、会話を盗み聞きされる心配が全く無いからだ。 目的地にたどり着いた。 ユウは、黒いスーツを着た老人の姿に変装していた。 この老人は『ユウの秘書』という事にしている。 ベンチに女が1人座っているだけで、他には誰もいない。 女は20代後半くらいでやや切れ長の目をしており、髪の色は青色で長さはセミロング。十分美人の部類に入る。 女は黒いハンカチを持っていた。 やはり、この女が今回の依頼人だ。 ユウも黒いハンカチを見せながら、女の隣に腰かけた。 「あなたが依頼人ですかな」 「ええ、そうよ」 お互いの顔を見ないで2人は会話を始めた。 傍から見れば、「良い天気ですな」「そうね」とか言った、日常会話を話しているようにしか見えない。 「あなたが始末屋なの?」 「いえ、私は秘書でございます」 「こっちは素顔をさらけ出しているのに、本人が来ないなんて、不公平じゃ無いの?」 「いえいえ。こちらは本人が伺うとは、一言も申しておりませんので・・」
6/1045

最初のコメントを投稿しよう!