~はじめに~

1/1
43人が本棚に入れています
本棚に追加
/30ページ

~はじめに~

こんにちは、七々扇七緒と申します。 突然ですが、「吃音」という言葉を見聞きしたことはありますか? 数年前、藤原さくらさんと、福山雅治さんが出演していたドラマで、藤原さくらさんがこの「吃音」の役を演じていたんですよね。 それで少しは認知度が高まったかな、とは思いますが…「きつおん」と読む、言語障害の一種です。「どもり」とも言われています。 吃音は、重度~軽度あり、人によって症状が異なります。 私自身は、物心ついた頃から自覚があり、幼い頃の方が症状が酷かったです。幼稚園~中学時代が、一番精神的にも辛かったですね…。 さて、吃音の症状ですが、これも様々です。 例えば、友達と学校で会って、「おはよう!」と言われたとします。 こちらも、「おはよう!」って返そうとするのですが、 1、おっ、おっ、おっ、おはよう! 2、…おーーーはよう! 3、…………〈はじめの言葉が出ない〉 上記の例、全て吃音の症状です。3の、全く言葉が出ない時、本当に辛いんですよね。国語の音読の時間は、地獄かと思い、いつも心臓をバクバクさせていました。 さて、今回何故私が吃音について書こうかと思った訳ですが、幼い頃から漠然と、 「いつか小説家になって、吃音についての本を書いて、世界中に吃音を知って貰いたい!」 と思っていたからです。 しかし、まだまだ小説家になるには力不足なもので、こちらで少しでも読んで頂き、少しでも、 「こういう人もいるんだなー」 という事だけでいいので、理解して頂けますと幸いです。 現在吃音で悩んでいる人が、少しでも生活しやすい世の中になりますように…ただただ願っております。
/30ページ

最初のコメントを投稿しよう!