悪い予感

1/1
2370人が本棚に入れています
本棚に追加
/123ページ

悪い予感

初デートから2ヶ月。できることならすぐにでも一緒に暮らしたいと願うキリトとユウだが、未だそう出来ずにいた。 ユウは養子縁組の解消をされることはなく、しかし「花ちゃんが心配で放っておけない」と九条家を離れることもできずにいた。 先日、一人の稀少種からある報告を受けたキリト。 ユウと出会ったことで、稀少種として何事にも積極的に関わるようになっていたキリトが受けたその報告は、不穏な内容のものであった。さらに、ユウが打ち明けてくれた九条家での変化と、繋がっているのではないかと思われた。 考えすぎかもしれない……しかしユウに関わってくる可能性はゼロではない。キリトは珍しく自ら調査を始めた。長くキリトを見守ってきた世那でさえも驚愕させるほど手際よく無駄のないやり方で、瞬く間に九条との繋がりを調べあげていく。 それから数日後、九条についてある疑惑が浮上した。 疑惑が事実であれば、九条はユウを介して稀少種であるキリトに接触してくるだろう。養子縁組の解消をしないのにも合点がいく。 キリトは、何が起きようとも対処できるようにと動き始めた。 全てはユウのため、ユウとの穏やかな未来のために。 ┈┈┈┈┈お知らせ┈┈┈┈┈ コラボ作品としては完結させていただきました。(詳しくはトップページにございます) 続きは私(結城樹)個人の新規作品とした続編で公開予定です。 (公開日は未定です。申し訳ありません) 2020/1/3
/123ページ

最初のコメントを投稿しよう!