第X章 欲望の贄

1/7
475人が本棚に入れています
本棚に追加
/150ページ

第X章 欲望の贄

都心であることしか分からない場所... 監禁された部屋には等間隔にポールが設置され... 私を支配する男の気分で様々な体位で拘束する。 至る所に設置されたカメラで常にネット配信され、視聴者様を悦ばせている… …一糸纏わぬ肢体を晒し… 両の手首を背中に回され… 手首には黒光りする革枷が肌に食い込んでいる… ふとももに巻かれたバンドと共に… 私の自由を奪っている。 「...はっ... ……はぁ...… ……あぁっ……」 …苦しさを感じる程に下腹部が圧迫している。 シリコン樹脂の内側から、私の中を硬い突起が擦れ動く… 二本の棒が、前と後ろの穴を塞いでいる。
/150ページ

最初のコメントを投稿しよう!