ひとしずく

7/7
8人が本棚に入れています
本棚に追加
/7ページ
そして今日が来た。 「あなた、ごめんなさい。 あたしは・・・あたしは・・・」 『いい。分かってる。 ありがとう。寛子には感謝しかない』 「母さん、ごめん。少し二人だけにさせてくれないか?」 「え?うん」 寛子は病室から出ていった。 「親父、ごめんな」 『お前が謝る事は何もない』 「ホントは大学なんてどうでも良かったんだ」 『どういう事だ?』 「母さんな、ずっと泣いてばかりだったんだよ。 『どうすればいいの、ごめんね。ごめんね』ってさ。 分かってたんだよな、このままじゃ俺を大学に行かせられないってさ。 母さんが決断すれば俺を大学に行かせられるのにってさ。 決めらんないよな。 なんだかんだ言っても母さん、親父の事好きだったもんな」 ・・・ 「ごめんな。 親父、まだ生きてたかったよな。 でも俺も母さんも前に進んで行かなきゃいけないんだ。 母さんに辛い決断はさせらんない。 恨むなら俺を恨んでくれよな」 『なんでお前達を恨むんだよ! 俺は、オレは・・・ すまない』 「母さん、美人だからさ。 いつか再婚するかも知んない。 いいよな? そん時は笑って許してくれるよな?」 『変な男に引っかからないよう見張っといてくれよ』 「もう行くよ。親父、頼りない親父だったけどさ、 親父の事ちょっとだけ尊敬してたんだぜ。 じゃあな」 『お前は自慢の息子だよ』 「では、これから生命維持装置を停止致します」 「あなた・・・・・・」 唇に温かいものを感じた。 「10分ほどで野田さんの全ての生命活動は停止致します。 『ありがとう』 ひとしずく 温かいものが頬をつたった。
/7ページ

最初のコメントを投稿しよう!