青い光の物語

まだボクシングが本当に夢だった頃の、聖なるボクサーの物語

12 56

2時間32分 (90,768文字)
手直し中です

あらすじ

ボクシングが殴り合う男の勝負から、科学であるボクシングへと発展し始めた頃。 まだチャンピオンが「世界最強の男」の称号であり、尊敬の対処だった頃。 「聖人」(セイント)ジョンと呼ばれた一人のボクサーが

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2018/6/27

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る