死因企画会議

1/5
7人が本棚に入れています
本棚に追加
/5ページ

死因企画会議

「はい、じゃ、まず一ページ目見ていただけますか」  ホワイトボードの前。私はホチキスで留めた資料を掲げた。 「面接のときにも少し話しましたが、昨今、お化け屋敷というのは、飽和状態です。他と差別化を図らなければ、生き残れないのが現状です」  十畳ほどの広くはない会議室。コの字型に並べた長テーブル。  並んで座るお化け役のアルバイトは、全員ゾンビの扮装をしていた。 「うちでは、お化け役ひとりひとりに、なぜ死んだのか、という設定を設けています。それによって、リアルな恐怖に繋がるというのが狙いです」  ゾンビ役のアルバイトたちは、みな行儀よく座り、コクコクと頷いた。 「で、皆さんには、自分の死因の設定を考えて来て欲しいとお伝えしていたはずですが……考えて来て戴けましたか?」  私は、出来うる限り、優しい上司という印象を持たれそうな笑顔を作り、ゾンビ役全員を見回した。  ゾンビ役は、互いに顔を見合わせた。 「もちろん、完璧なアイデアでなくていいです。一緒に作っていきましょう」  私は言った。  なかなか話し出す者がいなかった。お互いに譲り合っている感じだ。  私は思い切って指名することにした。 「じゃあ、サスペンダー付けた貴方から」  私は一番手近に座っていた、切れそうなサスペンダーを付けたゾンビ役を指した。 「えっと……」  サスペンダーを付けたゾンビ役は立ち上がり、内気そうな口調で呟いた。 「あ、座ったままでいいですよ」  私は言った。 「死んだ理由を言ってください」 「あの、ビールの洪水で圧死しました」 「圧死……」  私はホワイトボートにその旨書き、復唱した。 「圧死するものなの? 溺死の方がまだ」 「えっと、自分は、押し流されてきたビール樽の下敷きになった形だったんで……」 「へえ、そういうのあるんだ。よく調べたね」  私は言った。 「じゃあ、次、リボンを付けた貴女」  私は、ボロボロのリボンを胸元に付けた女性を指名した。 「はい」  女性は返事をした。
/5ページ

最初のコメントを投稿しよう!