やさしい雨のむこう側

14/18
46人が本棚に入れています
本棚に追加
/18ページ
「最後の3枚ね、紫陽花と修一を一緒に撮ったの。おかしいよね……。現像した人、なんかミスしたのかな。こんなのって、無いよね」 正晴さんは何も言わず、静かに写真を見つめていた。 その沈黙こそ、答えだった。 「ずっと話、してたのに。いいカメラだねって。いっぱい撮ったらいいよって。ずっと修一と話してたのに。なんで何も映ってないの? ねえなんで?」 もうわかってる。正晴さんに訊いたってどうしようもない事。 おかしいのは私なんだ。今朝から、いや、ここ最近ずっと。おかしいのは私の方だった。けれど認めたくなんかなかった。もう、修一がこの世界のどこにもいないなんて事。 私はテーブルの上の写真を手で叩き落として、大声をあげた。 今朝までは忘れられていたのに。何故またこんなことを思い出してしまったのか。 このまま一生思い出せずにいたかった。 修一は死んでしまった。1か月前、バイク事故に巻き込まれ、突然、この世からいなくなった。
/18ページ

最初のコメントを投稿しよう!